政治は謀略の歴史 

政治は、過去も現在も未来も謀略の産物である。政府から、マスコミから、個人・団体からあらゆる情報がリークされ、一般人にはどれが真実なのかはわからない。独自の分析を加えることにより、少しでも真実をあぶり出そうとするブログです。

池袋暴走男の処罰

自分が暴走したことも自覚できない男が何故、車を運転したのか? ブレーキが利かなかったと、事故をメーカーのせいにでもしたいのだろうか?

何の罪もない幼い子供と母親を殺した上に、お詫びを手紙で出すレベルの男だ。元院長とかいう肩書だが、随分とレベルの低い男だ。普通ならば、被害者自宅の玄関先で額を地面にこすりつけて何度も土下座して当然だろう。警察が起訴する、しないとか、どの程度の処罰かとか、巷では騒いでいるが、本来、このような礼儀知らずの男は社会的に抹殺されるべきだろう。今まで、この男のおかげで恩恵を被った一族郎党も社会的制裁を受けるべきだろう。

マスコミが報道する云々より、このような一族、男に対しては、心ある人は、軽蔑の眼差しを向けるべきだろう。一族全員の写真を心に刻んで、軽蔑の眼差しを向けようではないか? 憤り、怒り、激情にまかして物理的行動をとるのはもってのほかだ。

心込めて、軽蔑の眼差しを向けて差し上げよう。上級国民、恥知らず国民には。

やがて、彼らも、少しは軽蔑の意味が解る時期が来るかもしれない。それでも事実から目を背けようとするだろう。一族の恥として、一族全員で、どのような償いを行うのか? 世間は注視している。

f:id:lamarsa:20190430102410g:plain

チュニジア チュニス バルドー博物館 犠牲者の碑

遠い異国、チュニジアでもバルドー博物館テロで亡くなった日本人犠牲者の碑が残っている。池袋にも碑を建立すべきだろう。殺害者はだれなのか? 幼い子供と母親の命を奪った男はだれなのか? 未来永劫、遺族のメモリーのためにも。