政治は謀略の歴史 

政治は、過去も現在も未来も謀略の産物である。政府から、マスコミから、個人・団体からあらゆる情報がリークされ、一般人にはどれが真実なのかはわからない。独自の分析を加えることにより、少しでも真実をあぶり出そうとするブログです。

北方領土は戦争で取り返せ!

丸山議員が酒に酔った勢いで、北方領土を取り返す為に戦争に言及したことは、既に議員辞職問題にまで発展しています。もともと、第二次世界大戦間際に、ロシアが日ソ不可侵条約を破棄して、参戦、満州、カラフト、千島を占領したことに原因はあります。但し、当時の日本政府が、戦争の終結に失敗し、原子爆弾まで投下された時期になって、ソ連に攻め込まれて、ようやく無条件降伏した背景があります。

f:id:lamarsa:20190515195803g:plain

北海道 ロシア国境は近い

結局、戦争に正義、悪はなく、勝者が正義なのは仕方のないことです。従って、ロシアが北方4島を含む千島列島を占拠したのも正しい処理となります。

丸山議員の言うように、戦争によって北方4島を取り戻すことは、対ロシアで考えれば、選択肢の一つではありますが、核兵器、殺傷兵器で圧倒的なロシアに勝てる見込みはゼロです。勝てない戦争を論じても、百害あって一利なし以下の結果になるだけです。第二次世界大戦中でも、地上戦でソ連に勝てる見込みはなかったのです。

このような現実を顧みることなく、いたずらに戦争を持ち出したことが、日露両国から総スカンを食らっている理由です。また。国会議員として非現実な方法論を持ち出したことに嫌悪感を抱く人も多いでしょう。

丸山議員には、議員辞職をして、自分自身で、シベリア抑留地を回り、カラフト、北方4島での生活体験もして、そして、一人の国民として、北方4島問題をどう思うのか発信してほしいと思います。